なぜ乳首は黒くなるのか?その仕組みは?

なぜ乳首は黒くなるのか?その仕組みは?

なぜ乳首は黒くなるのか?その仕組みは?

人間は長く生活していると肌も色つやが悪くなってくるものでして、やはり加齢による要因は非常に強くなっていると言えるでしょう。一般的に目に見える肌は日焼けなどで白から黒っぽくなるものですが、乳首などの普段は見えない部分も黒ずみが増して行くこともあるわけです。

 

しかし、ここで多くの方特に女性が疑問に思う部分となるのが、なぜ見えない乳首が黒ずんで行くのかという点でしょう。実際上において全ての女性が黒くなると言う訳ではありませんし、女性としてもその謎はどんどん深まる傾向にあります。

 

この乳首に発生する黒ずみは、乳首が非常に敏感なパーツだからこそ起こる現象です。乳首の場合は特に子供が吸ったりしなければならないので、非常にやわらかな肌質になっていることが一般的でして色が形成されやすいと言えるでしょう。

 

よって、一般的な肌の色変化の原因として多い紫外線はあまり当てはまらず、女性の体質変化やホルモンバランスの崩れなどがとても大きく関係しているのです。

 

また、加齢によって乳首の黒ずみが深刻になって行くのは、年齢以上に女性が妊娠・出産することが大きな要因とされています。これによって、メラニン色素が付きやすくなって乳首の変色は多くの女性が避けられない部分になります。

 

女性もある程度の年代になりますとかなりの方がお子さんをお持ちですので、結果的に乳首が黒ずんでいることは全く珍しくなくなると言うロジックになるのでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ